LIVE with Fukushima 福島で新たな事業やプロジェクトを立ち上げ、その魅力を発信

福島が誇る5つの味~
「ふくしま海の逸品」

“福島発”商品開発プロジェクト
「ふくしま海の逸品」前編”

「かつおの焼き浸し」は昔から小名浜の家庭で親しまれている郷土料理です。このプロジェクトがきっかけとなりミールキットを開発したことで、かつおの旨味がぎゅっと詰まった小名浜の郷土料理をいわき以外の方々にも食べてもらえる事ができて、とても嬉しく思っています。コロナが落ち着いたら美味しい魚を食べに、福島へ足を運んでほしいと山野辺さんは話します。

山野辺 昌志さん
お名前:
山野辺 昌志さん

福島県漁業協同組合連合会 業務部販売課 課長。
ふくしま海の逸品プロジェクトに参加し「かつおの焼き浸し」の商品開発に成功。

間違いなく美味しい栄養たっぷりの福島の常磐ものを、「1週間、一生懸命働いたご褒美に金曜日に食べて欲しい」という思いから名付けました。おふくろの味を思い出す「煮凝り」で昔からの味を次の世代に渡したいという思いから出来た商品です。おしゃれなパッケージは息子である4代目を中心に若い人が作ってくれました。もっともっと美味しい常磐ものをこれからも商品化して皆さんに食べて頂きたいと小野崎さんは語ります。

小野崎 幸雄さん
お名前:
小野崎 幸雄さん

株式会社おのざき代表取締役社長。
「街をもっと多彩に、もっと面白く」をミッションにする福島県最大の魚屋さん。

小野崎 雄一さん
お名前:
小野崎 雄一さん

4代目 取締役 人事総務部長

魚の旨味が凝縮している干物を200種ある常磐ものの中で安価で取引される魚を使って、ブランディングすることで地産地消を目指しこのプロジェクトに参加しました。水揚げされたばかりの鮮度の良い魚を、塩分にこだわり、夜に涼しくいい風が吹く久ノ浜で干すと更に良い味が引き出されます。漁師さんと一緒に歩んできたからこそ自信を持ってお届けしています。「水産業をなんとかしたい」という想いで阿部さんは活動し続けます。

阿部 峻久さん
お名前:
阿部 峻久さん

宮城県石巻市生まれ 合同会社はまから代表 13年間行政に携わった後独立。
「いわきの漁業を次の時代へ」と未来へ挑戦を続けます。


2022年8月13日(土)放送分の
プレゼントは、
福島県が初めて実施した
「絶品!福島!水産加工品開発プロジェクト」で、
アイデアを認められた新たな福島の
グルメ5品のうち
3品を前編でご紹介しました。
常磐ものを愛する生産者の想いが
ぎゅっと詰まった逸品
3種類各3セットのプレゼント!!

1)福島県漁業協同組合連合会より 
「かつおの焼き浸し」
2)株式会社おのざき  福島海援隊 プロジェクトより  「金曜日の煮凝り」
3)合同会社はまから “常磐もの”一夜干し
「ほしのうた」プロジェクトより
「一夜干し6種類セット」

(写真はイメージです)

本商品は、TOKYO FMで放送中の
「Hand in Hand​」内で応募プレゼント
として紹介されているものです。
本サイトからの応募はできませんので、
希望される方はこちらよりご応募ください。
なお、応募締切は8月19日(金)となります。​


「Hand in Hand」は8地区(FM北海道/FM仙台/ふくしまFM/TOKYO FM/FM愛知/FM大阪/広島FM/FM福岡)で放送中。
番組を聴き逃した方は、ラジオ番組を無料で聴くことができるアプリ「radiko」のタイムフリーでお楽しみください。
※タイムフリーは、過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことのできる機能です。
※8地区(FM北海道/FM仙台/ふくしまFM/TOKYO FM/FM愛知/FM大阪/広島FM/FM福岡)の放送エリア外からは、
radiko.jpプレミアム(有料)でお聴きいただけます。