Hand in Handレポート「身近にある放射線を分かりやすく。放射線教材コンテスト!」

全国各地の災害被災地の「今」と、その土地に暮らす人たちの取り組みや、地域の魅力をお伝えしていくプログラム、「Hand in Hand」。

今回は「身近にある放射線を分かりやすく。放射線教材コンテスト!」。
昨年末に日本科学技術振興財団主催で開催された、「放射線教材コンテスト」の入賞作品・発表会の模様をレポ―トします。

わたしたちの暮らす地球には、自然放射線と人工放射線が存在します。このレポートをご覧になっている今も、実は放射線を浴びているのです。放射線だから、人工だからと、むやみに怖がるのでなく、その仕組みや役割を正しく知ることが重要です。
放射線について正しく知ることが、原子力災害で今なお風評被害が残る福島県の復興にも役立ちます。

正しく放射線について学ぶための教育教材を、若い世代の柔らかい発想で考えてもらおう!というのが、2018年から開催されている「放射線教材コンテスト」です。放射線について学ぶ大学生や専門学校生などを対象に、教材を募集。2020年度は、全国から14校、101作品もの応募がありました。
その中から、11の優秀な作品が選ばれ、昨年12月に入賞作品の発表会が行われました。発表会では、作品の紹介だけでなく、受賞者の福島の復興に対する想いも併せて伺いました。

どんな作品が入賞したのでしょうか。福島復興への想いとともに、ご紹介していきます!

まずはコンテストの目的について、「放射線教材コンテスト」の実行委員長で、帝京大学医療技術学部・診療放射線学科教授、鈴木崇彦(たかひこ)先生にお話を伺いました。

イメージ画像
鈴木崇彦先生
イメージ画像
オンライン授賞式開催会場の模様
  • この「放射線教材コンテスト」の目的、また今回の応募作品についての評価、ご感想などをお聞かせください。

    放射線を勉強している大学生などの皆さんに、「放射線を子供たちに伝えるときに、どういう工夫が必要か」を考えてもらい、それを作品にするのがこの教材コンテストの目的です。
    最優秀賞をとられた作品は、「情報を正しく伝える」「知識を実験によって身に付けてもらう」という、本来教育で実践すべき内容を非常に丁寧にわかりやすく、しかも市販のものを使って実践していました。我々教員では、あそこまで丁寧にはつくることは難しい。「子供たちに伝えたい」という思いがそこには込められているんだと思いました。
    もう一つの作品は「飛び出す絵本」というタイトルの作品。絵本を開くと立体的なものが浮き上がってくるという点で、子供たちに興味を持たせるところから入って、放射線の量を立体的に比較して見せて、数字の持っている大きさの意味合いを伝えている。比較するということが、科学的な目を養うことにつながるので非常に適切で、高い評価が得られるのだと思います。
    らでぃ”という放射線教育の支援コンテンツがあり、その中に掲載することで、それを見た学校の先生方が「これならば」と学校教材に利用していただければと思っています。その中で、子供たちが放射線に少しでも興味を持ってくれたら、このコンテストの意味があるんじゃないかと思います。

若い世代のアイディアが実際の教育現場で生かされるということで、これは、教材を考える学生のみなさんも力が入りますね!
ではさっそく、最優秀賞2作品を学生の皆さんに紹介していただきましょう!

まずは、兵庫医療大学のチーム。タイトルは、「市販試薬の放射線計測による新規放射線教育プログラムについて」。メンバーは薬剤師を目指す、薬学部5年の3人です。

試薬とは、化学分析や実験などで、化学反応を起こさせるために用いる化学薬品のこと。市販の試薬には「自然界に存在する放射性物質」が含まれています。
受賞作品は、この試薬を教育用の放射線計測器で計ることで、放射線の種類や特性を理解する、体験型の学習プログラムです。実験器具をそろえやすく、薬学を学ぶ大学生が子供たちと一緒に実験することができます。

イメージ画像
最優秀賞を受賞した兵庫医療大学の学生チーム
  • この作品の狙い、込めた想いなどをお聞かせください。

    僕たちは市販試薬を用いた体験学習に基づいた、放射線学習プログラムを考案しました。
    放射線というとどうしても怖いというイメージを持っている方が多いので、普段から自然に存在する放射線を出す物質から、低コストな機器を使って、放射線を測定することで、放射線を身近に感じてもらいたいという思いで制作しました。

「放射線教材コンテスト」最優秀賞、続いては、帝京大学のグループです。
タイトルは、「放射線の強さ・大きさを視覚的にとらえる絵本型教材」。
制作にあたったのは、帝京大学4年生の二人です。
この作品は、立体的な「飛び出す絵本」を使って、子供たちが興味を持って学べる教材づくりを目指すものです。

イメージ画像
最優秀賞を受賞した帝京大学の学生
  • 「飛び出す絵本」というのは、子供たちの気持ちをぐっとつかんでしまうユニークなアイディアだと感じました。どんなところから発想されたんですか。

    ありがとうございます。わたしたちは今回、放射線の大きさを視覚的にとらえる絵本型教材を作成しました。立体的な仕掛けを自ら体験することで、視覚的にも理解が深まると考えています。
    わたしたちが本作品で対象としている小学校3、4年生は、放射線に対して正しい知識や考えがあまりないと考えていたので、身近なものの放射線の量同士を比較することで、より理解しやすく、イメージしやすくしました。また、作中にあるクイズの答えを考えることで、知識の定着を図ったり、作中に複数ある立体的な仕掛けを自分の手で体験することによって、視覚的な理解にもつながると考えました。巻末には先生や保護者など、大人のための補足説明を加えることで、大人と子供みんなで学ぶことを意識した作品にしました。
    福島の復興のためには、放射線はどのようなもので、どこにあるのか、正しい知識を身に付けることが復興につながる第一歩だと考えたのです。そのうえで、日本や世界、宇宙で比べてみたり、わたしたちの日々の生活の仕方でひとりひとり受ける放射線量が違うことなどを知ってもらうことで、それらを比較し、福島を特別視するものではないということを理解してもらう教材になればと考えています。

「飛び出す絵本」で放射線について学ぶ教材、ということですが、絵本を開くと、質問のページがあって、子供たちに答えを考えさせる。その次のページを開くと、答え、たとえば自然放射線同士の比較や、胸部レントゲン写真撮影との比較が、立体的なグラフで表現されている……。「子供たちに小さな驚きと興味を与えたかった」というお話もありました。

「放射線教材コンテスト」、さらに優秀賞に輝いたチームも紹介します。
帝京大学の別のチームによる教材です。
タイトルは、「光るねんどで体験! 放射線は人にうつるの?
帝京大学2年生、5人の女子学生によるチームです。

イメージ画像
帝京大学生チームによるオンライン・プレゼンテーションの様子
イメージ画像
賞状を授与されたチーム5人のメンバー
  • “蓄光(ちっこう)ねんど”と呼ばれる「光るねんど」を使った教育教材ということですが、どんな内容ですか。

    この教材は、身近にある蓄光ねんどや蓄光ビーズを放射線と人に例えて、放射線が人から人にうつらないということを可視化して、小学生に伝えることを目指したものです。
    東日本大震災と福島の原発事故からもうすぐ10年が経ちますが、その間、福島の方への差別やいじめがあったり、農作物に対する風評被害は今でも残っており、被災者の方が傷ついているという事実もたくさん目にしてきました。そういった誤解から生まれる放射線に対する恐怖について、放射線を学んでいるわたしたちだからこそ正しく伝えたい。そうした気持ちからこの教材を作りました。
    偏見もなくなって、「福島の食べ物もおいしいね」といった日常が戻ってくればいいなと思いました。

ここまで各教材の説明を聞いていただきましたが、受賞者には、原子力災害による風評被害に苦しんでいる福島への想いも聞きました。

イメージ画像
それぞれの思いを語る学生たち
  • 震災から10年が経とうとしていて、震災のことを知らない子供たちも増える中、福島の復興についてどんなことを感じ、思っていますか。

    【兵庫医療大学学生】
    僕たちは薬学生で、普段実習で服薬指導をする中で、患者さんの不安に寄り添って聞き出すことが多いんですが。そういったかたちで、福島の人が抱える不安に服薬指導みたいな感じで寄り添って、誤解している方たちに正しい知識を伝えることができれば、不安や誤解を取り除くことができるんじゃないかと思ったんです。

    【帝京大学学生】
    福島第一原発の事故からもうすぐ10年になります。つまり小学生以下の年齢で、原発の事故の当時の様子を知り、事故の恐ろしさや福島の現状を知っている人は多くないと思います。まして、これらの事故により発生した放射線の存在を知り、どのようなものなのかを理解しているのは大人でも少ないと考えます。子供たちに焦点を当てると、問題となっていたのは、福島から他県に引っ越してきた子供たちに対する差別やいじめ。それで苦しんだ小学生や中学生は、少なからずいたと考えています。もう二度と、子供たちの間でこのようなことが起こらないようにするには、放射線の存在や特性を印象づける必要があると思います。福島が復興するには、放射線の誤解を少しでも無くす必要があります。そのためには、自然放射線があることや、普段口にしている食べ物にも放射線が含まれていることを認知してもらう必要があります。そもそも、放射線がわたしたちの身の回りに存在することを知ってもらうことで、福島がさらに復興に近づくと考えています。

各校の皆さんが抱く、福島復興への熱い想いでした。

学ぶ世代に近い、若い学生だからこその柔軟でユニークなアイディア、さすがだ!と感じます。知らないからといってそれを知らないまま怖がるのではなく、知ることで自分で考えることができる。
震災を知らない子供たちに、教育として伝えていくこともそうですが、我々大人もちゃんと知ることが重要なんだなと、改めて若い方たちに教えさせられます。

2020年度「放射線教材コンテスト」。今回ご紹介した3作品も含めて、最優秀賞、優秀賞11作品については、放射線教育支援サイト“らでぃ"の動画で詳しく見ることができます。

また、復興庁では放射線に関するクイズも公開しています。このレポートを読んで、少し放射線に興味が湧いた(?)方は、ぜひともトライしてみてください。

さらに昨年度の放射線教材コンテストの「すごろく」を題材にした教材をヒントにした、誰でも簡単に楽しみながら福島の魅力や放射線について学べるすごろくゲーム「ふくしま旅スゴ」も公開しています。

「ふくしま旅スゴ」は、ウェブ上でサイコロを振って福島県の59市町村を巡り、各市町村の特色や特産品などに関するクイズと、放射線に関するクイズに答えながら、「映える」写真などを集めてゴールを目指す「楽しく学べるすごろくゲーム」です。

イメージ画像
ゲームのTOP画面
ステージマップ
イメージ画像
クイズ画面(放射線クイズ)

そしてなんと! ゲームのなかのステージや、エリアをクリアするたびにNintendo SwitchTM ソフト「あつまれどうぶつの森TM」で使用できる、オリジナルの「あつ森マイデザイン」が出現します!

しかもこのマイデザイン、福島県にちなんだデザインになっていて、たとえば「赤べこ」のコスチュームや、「あんぽ柿」、「喜多方ラーメン」のTシャツまで、20種類以上もあります!
是非、みなさんがプレイしているあつ森のキャラにも着せてみてください!さらに、シークレットのマイデザインも隠されていますので、探してみてください!

イメージ画像
会津コンプリート画面