福島県には、広大な土地で愛情を持って育まれた
様々な”おいしい”があります。
本サイトでは、そんな“おいしい”を動画にしてお届けします。
その土地のものを食べることでできる
応援もあります。

農産物:魚

現地紹介編(ヒラメ)

魚の豊富な知識を持ち大学の名誉博士でもあるさかなクンが、プロが認める“常磐もの”のヒラメの魅力に迫ります。福島県沖は親潮と黒潮がぶつかる潮目の海でプランクトンが豊富。そのプランクトンを食べて育った魚介類は“常磐もの”と呼ばれ、魚市場で珍重されています。中でもヒラメは、ほどよい脂と甘み、弾力のある歯応えが三拍子揃った高値のつくブランド魚です。
相馬市の「浜の駅 松川浦」は、海の幸の直売所と食堂がある人気のスポット。ここで、“常磐もの”のヒラメを贅沢に使った「地魚丼」をはじめ新鮮な海の幸が味わえます。

※このページで動画を閲覧いただくとさかなクンの直筆イラスト付き壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

料理編(ヒラメ)

山形県鶴岡市のイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ・奥田政行さんが、さかなクンとリモートでおしゃべりしながらヒラメを使ったアクアパッツァ・フェデリーニの作り方を披露。材料のヒラメは、福島県相馬市の松川浦漁港で水揚げされたいわゆる“常磐もの”。最高の食材と凄腕シェフがコラボレーションすれば、できる料理は至極の極み。海の風味を堪能し、自然とワインが進みそうです。

※このページで動画を閲覧いただくとさかなクンの直筆イラスト付き壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

現地紹介編(ホッキガイ)

お魚の知識や愛情は誰にも負けないさかなクンが、福島県いわき市の沼之内(ぬまのうち)のホッキ貝をご紹介。福島県いわき市といえば、プロから高級品と崇められる“常磐もの”の産地。ヒラメやカレイばかりでなく貝類も一味違います。甘くて美味い常磐もののホッキ貝、さかなクン太鼓判の一品です。

※このページで動画を閲覧いただくとさかなクンの直筆イラスト付き壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

現地紹介編(アンコウ)

“常磐もの”で知られる福島県いわき市の小名浜港。この日も様々な魚が水揚げされました。魚の知識なら何でもござれというさかなクンが注目したのは、ひときわ面白い形をしているアンコウ。口が大きく、ちょっとユーモラスですね。タラの仲間のアンコウは深海に棲む魚で、食べても美味しい魚です。アンコウの吊るし切り、そして名物料理どぶ汁。さかなクンの解説でお届けします!

※このページで動画を閲覧いただくとさかなクンの直筆イラスト付き壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

さかなクン プロフィール写真
さかなクン プロフィール

お魚の豊富な知識と経験に裏付けされたトークでギョ存知!さかなクン。
2010年内閣総理大臣賞を受賞。2011年農水省「お魚大使」を務めるなどし、2015年3月には東京海洋大学名誉博士を授与されました。

農産物:福島牛

畜産農家訪問編

YouTubeチャンネル「馬場ごはん〈ロバート〉」でおなじみのロバート・馬場さんが、ブランド牛として名高い福島牛のおいしさを探るため畜産農家を訪問。馬場さんが訪ねたのは、福島県棚倉町の沼野博さんと裕一郎さんの親子。博さんは牛を育てて半世紀以上というベテランです。良い牛を育てるポイントは水と米。米を配合した飼料を牛に与えることで、うま味成分であるオレイン酸が増すのだそうです。福島県は全国新酒鑑評会で7年連続(12~18酒造年度)金賞の銘柄数が日本一に輝いた酒処。酒造りにも欠かせない良い水と米が、良質でおいしい福島牛も育んでいるんですね。

※このページで動画を閲覧いただくとロバート・馬場さんのサイン入り壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

福島牛料理編

ブランド牛として名高い福島牛を使った簡単料理を披露。今回使うのは、福島牛でも切り落としのちょっとリーズナブルなお肉。このお肉と冷蔵庫にあまりがちなケチャップ、ウスターソースを使った馬場流ハッシュドビーフと牛ガーリックチャーハンの2品を作ります。

※このページで動画を閲覧いただくとロバート・馬場さんのレシピ付壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

ロバート・馬場さんプロフィール写真
ロバート・馬場さんプロフィール

お笑いトリオ・ロバートとして、テレビや舞台などで活躍。
2011年「キングオブコント2011」で優勝。調味料などを手作りするほどの料理好き。
テレビ番組で披露した料理の腕が注目を集め、料理芸人としても大活躍。

本名:
馬場 裕之(ばばひろゆき)
誕生日:
1979年03月22日
出身:
福岡県 北九州市

農産物:米

福、笑い 農家訪問編

ブログが月間200万アクセスを記録し、「日本一のグルメブロガー」と呼ばれたフォーリンデブはっしーさん。そのはっしーさんが、2021年秋に本格デビューする福島県のプレミアムブランド米「福、笑い」の実力を探るために生産者のもとへ。14年という歳月をかけて開発された「福、笑い」は、「香りが立ち強い甘みを持ちながら、ふんわり柔らかく炊きあがる」という福島のすべてが詰まったお米。この最強ブランド米に、生産者の寺澤さんも太鼓判。そして「福、笑い」を開発した福島県農業総合センターの佐久間さんは、「全国のブランド米に引けを取らない」と自信満々です。

※このページで動画を閲覧いただくとはっしーさんのサイン入り壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

福、笑い 料理編

お米大好きで米食味鑑定士の資格まで持つグルメブロガー、フォーリンデブはっしーさんが、「福、笑い」をひと足早く実食。東京・代々木上原の土鍋ごはん専門店「おこん」に「福、笑い」を持ち込んで、店主の小柳津さんに炊いてもらいました。小柳津さんは、米を炊かしたら右に出る者がいないという強者。
米を1時間ほど水につけたあと最初は強火、沸騰したら弱火でじっくり炊くのがコツ。さらに、火を止めたあと土鍋を厚手のタオルで包んで15分蒸らすという裏技を披露。こうして炊き上げた「福、笑い」は、粒が立ち上品な旨み甘みが楽しめる最高のごはんでした。

※このページで動画を閲覧いただくとはっしーさんのレシピ付壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

はっしーさん プロフィール写真
はっしーさん プロフィール

お肉博士とお米ソムリエの資格を持ち、肉を中心にごはんのオカズを求めて全国を食べ歩く、グルメエンターテイナー。決めゼリフは、デブリシャス!
年間1000軒以上を食べ歩き、インスタグラムのフォロワー数は26万人、グルメブログも月間200万アクセスを記録。

本名:
橋本 陽(はしもと あきら)
誕生日:
1982年2月25日
出身:
神奈川県横浜市

農産物:きゅうり

きゅうり農家訪問編

「バスレシピ」で人気の料理研究家リュウジさんが、夏秋きゅうりの生産量で全国一位の福島県伊達市の農家を訪問。きゅうりはバズレシピに欠かせない野菜。農家のビニールハウスで鈴なりのきゅうりを見てびっくり。何にびっくりって、新鮮なきゅうりのイボは薔薇のトゲのように立っていたのです。そんなきゅうりで農家の奥様が作ったきゅうりの漬物に舌鼓を打った。選果場では年間約10,500件もの検査が行われていることを知り、安心・安全へのこだわりを実感しました。

※このページで動画を閲覧いただくとリュウジさんのサイン入り壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

きゅうり料理編

味噌をつけて生で食べても美味しい福島のきゅうりですが、この最高の素材を使ってリュウジさんが腕を振るいます。「簡単、美味しい」がリュウジレシピの流儀。ご飯もお酒もガンガン進む「悪魔の壺きゅう」。乱切りにしたきゅうりをボウルに入れて味付け。味噌、唐辛子、醤油、ニンニク、ごま油、うま味調味料を加えて混ぜるだけ。「悪魔の壺きゅう」の出来上がりです。

※このページで動画を閲覧いただくとリュウジさんのレシピ付壁紙ダウンロードページへ自動遷移します。

リュウジさんのプロフィール写真
リュウジさん プロフィール

料理研究家、YouTuber。
株式会社バズレシピ代表取締役 。
「今日食べたいものを今日作る! 」をコンセプトに、Twitterで日夜更新する簡単・爆速レシピが人気を集める。
Twitter登録163万人 YouTube登録128万人 総フォロワー約370万人 世界一受けたい授業出演 第7回レシピ本大賞 グランプリ受賞

本名:
非公開
誕生日:
1986年5月2日
出身:
千葉県