風評の払拭に向けて マンガで読む福島

福島の今についてを、
マンガでわかりやすく紹介しています。

  1. イメージ画像
    この空の下で

    マンガ家・桜沢エリカさんが、実際に福島の小児科医を取材した内容を基に書き下ろしたフィクションマンガ。女子高生・莉子を主人公に、東日本大震災による親子の悩みや不安、放射線による健康への影響について描いた作品。

  2. イメージ画像
    キャイ〜ンの福島探訪記 美味しい魚とスーパー科学に出会った

    キャイ〜ンのお二人が実際に福島県を訪れ、相馬双葉 漁業協同組合の取組や福島県沖の魚の安全性、福島高校スーパーサイエンス部Dシャトルプロジェクトについて取材した内容を基にしたフィクションマンガ。放射線の知識などをわかりやすく紹介。

  3. イメージ画像
    ママが行く!福島ツアー
    同行取材記(全3話)

    関西在住の2児のママ・モチコさんが「ママが行く!福島ツアー」に参加。子を持つ親として詳しく知りたいと思っていた放射線に関する疑問について、福島で実際に見て、聞いて、そして食べて感じたことをママ目線で描いたマンガ。
    ※福島ツアーは2019年10月23日、24日に開催されました。

    英語版 韓国語版 中国語(簡体)版 中国語(繁体)版
  4. イメージ画像
    「ふくしまを食べよう」

    福島の農産物の美味しさを全国に届けたいという思いで、取材や原稿作成に奮闘する高校2年の女子生徒3人の姿を描いたマンガ。​