サイトの目的

皆さんは、「福島県」がどこにあるか知っていますか?
福島県は日本で3番目に大きい都道府県で、あちこちに美しい自然や歴史的な建物、有名な観光地やおいしい食べ物があります。
福島県では、8年前に起きた大震災と原子力災害からの復興は進んでいますが、いまだに「風評被害」が残っています。「風評被害」というのは、実際は安全なのに多くの人が不安を払拭できていないために​、福島県産の農産物の価格が下がったままだったり、外国人観光客の増加が他の地域に比べ鈍くなったままだったり、教育旅行で訪問する学校の数が回復していなかったりすることです。
「風評被害」をなくすためには、できるだけ多くの人に、放射線のことや福島県の今の様子を知ってもらうことが大事です。
そこで、わかりやすく知ってもらうための、クイズやマンガを作りました。
ぜひ、皆さんも楽しみながら学び、福島のことをもっと知ってください!

詳しく知りたい方へ

東日本大震災や東京電力福島第一原発事故から、8年以上が経過しました。
福島県における原子力災害被災地域でも、避難指示が解除された地域において、小中学校の再開や医療機関の開設が進むなど、復興・再生に向けた動きが本格的に始まっています。
しかしながら、全国の消費者の福島県産品に対する科学的根拠のない不安や震災により失われた販路の確保等といった風評被害の問題がいまだ残っています。また、学校における避難児童生徒へのいじめの問題もありました。
このような風評の主たる要因は、福島県の現状についての認識が不足していることに加え、放射線に関する基礎的な知識や福島県産品の安全が確保されていること等が十分に周知されていないためと考えられます。
そこで、本サイトでは、風評の払拭に向けて、知ってもらいたいことを親子でも楽しめるように分かりやすくまとめました。ぜひ、いろいろなコンテンツをご覧ください。